中文版 | English | 日本語 |
    
 
 
 

現在の場所:ホーム - 業界情報

ドイツのエネルギー転換の特徴:再生可能エネルギー+石炭-原子力

[ 公開日 :2017-11-27     著者 : admin ]

 ドイツがエネルギー転換戦略を施行している以来、原子力の割合はどんどん下がっていて、安定な石炭を支える再生可能エネルギーの割合が急速に上昇しています。

 

 

 今まで、ドイツが2017年での発電容量は200.2吉瓦で、その中で原発が10.8吉瓦(5.4%)、褐炭が20.9吉瓦(10.4%)、無煙炭が28.3吉瓦(14.1%)、天然ガスが29.9吉瓦(14.9%)、鉱物油が4.2吉瓦(2.1%)、太陽光が41.7 吉瓦(20.8%)、陸上風力が47.1吉瓦(23.5%)、海上風力が4.6吉瓦(2.3%)、バイオマスが7.1吉瓦(3.5%)、水道と電気が5.6吉瓦(2.8%)です。総合的には、ドイツの再生可能エネルギーの発電設備が総発電容量の53.0%で、しかし、石炭が24.6%を占めています。

 

 

 発電量から見ると、2016年のドイツ発電量は648.3TWh(6483億キロワット時)で、その中、原子力発電が84.6TWh(13.0%)、褐炭が150.0TWh(23.1%)、無煙炭が111.5TWh(17.2%)、天然ガスが80.5TWh(12.4%)、鉱物油が5.9TWh(0.9%)、再生可能エネルギーが188.3TWh(29.0%)、他の27.5TWh(4.2%)。総合的にとって、ドイツの再生可能発電量は総発電設備容量の53.0%を占めていたが、その発電が53.0%しかいない;石炭発電設備容量は24.6%を占めたが、その発電量は40.3%。

 

 エネルギー消費量(輸送・暖房需要を含む)をみると、2016年での石炭33.6%、原子力6.9%、天然ガス22.7%、鉱34.0%、再生可能エネルギー12.6%、その他1.8%を占めています。