中文版 | English | 日本語 |
    
 
 
 

現在の場所:ホーム - 業界情報

購入容量は3GWを超え、Googleは再生可能エネルギーの使用目標を100%達成

[ 公開日 :2017-12-12     著者 : admin ]

  なぜ私たちはいつでもGoogleエンジンのデータを検索でき、クラウドアクセス機能を使用できますか?それはサーバーがずっと休みなしに動きっていますから。毎年何千万もの検索記録を処理し、毎分400時間以上のYouTube動画を再生するためには、その24時間サービスのコストは軽蔑できません。

  統計によると、Googleは2015年に5.7テラワット時の電力を消費しました。サンフランシスコ市内1年での総電力消費量に相当し、最大の電力消費客は15のグローバルデータセンターに分散します。米国では9社、欧州では3社、アジアでは2社(アジア最初のセンターは台湾の彰化濱海工業園区に位置しています。)、南米では1社です。

 Futurism」によれば、風力と太陽光のコストは少なくとも60〜80%を下げました。Googleは最近、サウスダコタ州196 MW、オクラホマ州138.6 MW、アイオワ州200 MWを含めて、3つの発電出力が535MWに達する風力発電を遠慮せずに契約しました。そのゆえ、エネルギー基礎施設への投資は35億ドルを超え、再生可能エネルギーの総購入量は3億GWを超えました。

  

 

  これは、Googleが約束を果たしているだけではなく、その目的を達成するために再生可能エネルギー証明書(REC)を購入することを意味します。市場から一定量の再生可能エネルギーを購入することにより、より多くの風力発電および太陽光発電所を建設する市場を推進することによって、再生可能エネルギー市場の大きな推進力であると言えますが、世界最大のグリーンビジネスバイヤーでもあります。

 

 グローバル企業の再生可能エネルギーの購入比率チャート (Source:Google)

  再生可能エネルギーに巨大な投資をしている企業はGoogleだけでなく、2番目の購入者であるAmazonが現在Googleの半分1.5GWを購入していました。Microsoftはワシントン本社に25%の電量を提供するため、この夏、再生可能エネルギー供給業者と直接契約を結びました。アップルはまた、太陽光設備を利用して、ネバダ州で拡張されたデータセンターに電気を提供するため、今年もNV Energyと契約を結びました