中文版 | English | 日本語 |
    
 
 
 

現在の場所:ホーム - 業界情報

台湾が2018H1太陽光FIT減少率を下げるつもりです。

[ 公開日 :2017-12-22     著者 : admin ]

  台湾経済は来年上半期に太陽光発電のFITをNT$5.8744/kWh(US$0.20)減少するつもりです。この金利は、今年9月に当初提案された金額より9%多く、当時NT$ 5.3848に引き下げることが提案されていました

人口密度の高い台湾では、屋根は次第に太陽施設の肥沃な土地になります。

 今回のFIT減少20MW未満の太陽光装置ターゲットにする上、台湾屋根太陽光発電システム全体をを覆っています。来年から、地上設置フロート型太陽光発電などの装置FITはNT$ 4.2429-4.6901/kWhとなり、3.79%〜5.8%ぐらいに減少となります。

 長い間、台湾は太陽電池製造のリーダーとして、政府は太陽光発電の多様化と国内設備の開発を促進することを望んでいます。この島は現在2%しかの再生可能エネルギーの普及率、その目標は2025年までに20%に達するということで、つまりその時、太陽光発電の設置容量は30GWになります。しかし、現在、台湾の累積された太陽光発電容量はわずか約1.4GWです。