中文版 | English | 日本語 |
    
 
 
 

現在の場所:ホーム - 業界情報

2030年までに太陽光発電の容量が5倍に拡大する予定です。

[ 公開日 :2017-12-28     著者 : admin ]

韓国の貿易・産業・エネルギー部長によると、2030年までに、韓国政府は太陽光発電の容量を5倍に高める計画です。」と明らかにしました。

韓国のムン・ジェイン大統領は予備選挙の時原子力事業への支援を中止し、生態系のやさしいエネルギー構造を取る予定です。」と述べました。就任後、新大統領の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はすでに新しい原子炉の6つの建設計画を廃止しました。

それにもかかわらず、韓国は依然として世界5位の原子力使用国であり、現役核原子炉は24席で、国内の3分の1の電力需要を満たしています

韓国の貿易・産業・エネルギー省は「我々はエネルギーの転換を根本的に行い、再生可能なエネルギーに転換され、生態系のための環境を作るつもりです」と説明しまし

ロイター通信によると、「韓国は2030年までに、再生可能エネルギーの発電量を2016年の7%から20%に引き上げる計画です。この目標を実現するためには、30.8吉瓦の太陽光発電と16.5吉瓦の風力発電機の容量を増やす計画です。2017年までには韓国の太陽光発電機の容量は、5.7吉瓦で、風力発電機の容量は1.2吉瓦です。」と述べました

韓国貿易・産業・エネルギー省は、「再生可能なエネルギー生産能力は重要な事業から生まれ、家庭、農場や小型企業が再生可能なエネルギーを使うことを促進します。と説明しまし