中文版 | English | 日本語 |
    
 
 
 

現在の場所:ホーム - 企業動向

杭の引き抜き抵抗力現場テスト

[ 公開日 :2016-12-19     著者 : admin ]

太陽光発電架台中の杭の引き抜き抵抗力の実際のデーターを得るため、我が社のスッダフが各種類の杭に対して、テストを実行した。
一、試験中の杭の種類
 
二、実験現場:江陰市農業用地
実際のサイトの検査により、ここの土壌は天然砂質粘土だ。
国家の規範に参照し、土のN値が15-30640mm以下、表層土のN値が5-8表面下0-640mm
 
三、位置を確認する
すべての杭の基準条件が一致するように、その後の設備の動作を動くやすいため、同じ領域中に同じライン上で杭を打って、3メートルの間隔を設定した。
 
四、杭を打ち込む
実験データーが現場サイトのデータに近づけるようにするため、すべてのスクリュー杭は螺旋方式で地面に打ち込み、単管杭は下に押し込み方式で地面に打ち込んだ。
 
五、地上での杭の高さ
現場工事の許可条件下で、3つテストの杭の中、二つの杭が正常設計打ち込み値に達した。大きい羽付きグランドスクリューがもう最大値に到達し、現場のトルクは地面に杭を打ち込み続けることができなかった。
 
六、杭を取り除く
すべての杭が地面に打ち込み後、2時間放置し、土地の回復を待ってから、杭を取り除く準備を始まった。
 
七、実験分析
大きい羽付きグランドスクリューから取り出した土壌サンプルにより、地面に1140mm打ち込まられ、良い土壌層は560mm、つまり、主力を受ける層は表面下の580mmからだ。
 
八、結果
杭から取り出した土壌サンプルにより、力を受ける層は表面下の580mmからだと知られた。
杭の種類
打ち込み深さ
力を受ける深さ
引き抜き抵抗力
76*1600グランドスクリュー
1330mm
750mm
2178kg
60*2000単管
1540mm
960mm
1090kg
76*2690大きい羽付きグランドスクリュー
1140mm
860mm
3188kg
だから、杭の引き抜き抵抗力の順番は:
単管<グランドスクリュー<大きい羽付きグランドスクリュー